総量規制で人気となった銀行カードローンについて

総量規制の導入によって重みを増した銀行カードローン

2010年6月18日の改正貸金業法完全施行にあわせて、「総量規制」が実施されました。そもそも総量規制とは、貸金業者から年収の3分の1を超える借入れができないという規則のことです。ただし、この場合の貸金業者とは、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社のことであり、銀行や農協などの金融機関は、総量規制の対象外となります。ゆえに、銀行カードローンの借り入れは、年収の3分の1を超えても大丈夫です。銀行は、貸金業法ではなく、銀行法の管理下にあるからです。

消費者金融と比較するとメリットとデメリットがわかります

 銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと比べると、一般的には、金利は低く設定されているのですが、審査が厳しめで、お金を手にするまでに日数がかかる場合が多いというのが特徴となります。しかし、最近では銀行でありながら、即日融資に対応しているところも存在しています。同じ個人への貸付でも、銀行と消費者金融とでは、審査の仕組みの違いから融資の時間に差があるのですが、ネット申込み・審査が主流になったことによって、審査時間の差が縮まりつつあるのが現状です。ゆえに、銀行でも即日融資が可能となったというわけです。

できれば借りたい!大手銀行のカードローン

 銀行の中でも大手銀行カードローンは、安心感・信頼感という点で人気が高い傾向にあります。ATMで手数料無料で返済することができますし、申込についてもインターネットで、24時間365日申し込むことができ、尚且つ即日融資に対応している大手銀行も存在しています。また、専業主婦の方でも、配偶者に安定した収入がある場合には、申込が可能となっています。消費者金融のカードローンと遜色ないサービスを受けられるようになり、カードローンの借入先の選択肢は、広くなっています。