銀行カードローンのメリット・デメリットを理解しよう

カードローンは用途を限定されない借金

黄金の稲穂カードローンとは、銀行や消費者金融などから無担保でお金を借りて分割で返済していく事ができる使途が限定されない借金の事です。
現在、とても多くの人が利用しています。
しかし、様々な種類があるため初めての方はどれを利用すればよいかと迷う方は多いと思います。
そのような場合には、自分が利用している銀行のカードローンをお勧めします。

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンには何故なら様々なメリットがあるからです。
まず、消費者金融と比べ金利が安く設定されています。
また、消費者金融は限度額は300万円ですが銀行は500万~800万まで借り入れが可能です。
そして、所得の3分の1以上でも借り入れする事ができます。
このため、大きな金額が必要で低金利で返済したい場合などにはとても魅力的です。
また、銀行から借りるというだけで安心感があります。

銀行カードローンのデメリット

しかし、デメリットもあります。
消費者金融などは、審査が非常に早く融資までに時間がかかりません。
しかし、銀行は審査にとても時間がかかります。
また、審査も厳しく落ちてしまう場合も多くあります。
このため、急に資金が必要になった場合などにはすぐに借り入れする事ができません。
しかし、どちらも限度額内は自由に借り入れする事ができますが必要以上に借り入れをすれば返済が大変です。
また、利用する際には会社の在籍確認が必要な場合が多くあるため連絡先をきちんと伝えておく事が大切です。
これは、在籍確認ができなければ審査に落ちてしまうからです。

このように、カードローンはまとまったお金が必要になったときになどに利用できるため非常に便利です。
しかし、利用の際は使いすぎてしまうことがないよう注意する必要があります。
そして、自分の生活水準にあった利用をする事が大切です。