カードローンの審査基準は年齢と収入の安定性

お金を借りるのは消費者金融か銀行か

急に現金が必要になってしまうことはあります。
そんな時、手持ちの現金がなくて困った時、役に立つものの一つにカードローンがあります。
大きく分けて消費者金融会社からお金を借りる方法と銀行からお金を借りる方法とがあります。

変わってきた消費者金融のイメージ

消費者金融の場合、昔はサラ金と呼ばれていました。
返済するのに利息が高いイメージがあったりする人もいるかもしれませんが、最近では、初めて利用する方に限って30日間無利息で借りられるところなどもあります。
それにお金を借りる際には、誰でも借りられるという訳ではありません。
必ず審査があります。
最近では、インターネットの普及により、ローンの申し込みをインターネットなどからできるため24時間365日対応しているところが多くあります。
そして、審査も融資も即日対応しているところも多くあります。
そんな審査は、どうやったら通りやすくなるのでしょうか。

年齢や収入が問われます

基本的に、安定した収入があり、過去にクレジットカードやローンなどで返済を行っていなければ通りやすいものです。
また、年齢条件も満たしていることも大切です。65歳までが多いため、年輩の方は注意してください。
それ以外に心配な場合は、利用額を低く設定することで相手に返済を計画的に考えていることをアピールできます。
収入の割にあまりにもかけ離れた額を借りたいとなると本当に返済できるのかなという印象を与えてしまう場合があります。
また、必要書類は、嘘偽りなくしっかりと記入することも大切です。

複数社に立て続けに申し込むとマイナスになります

心配になって、何社も申し込みを行っていると本当に返済できるのかなという印象を与えてしまいがちです。
そのため複数社に申し込みをするのではなく、1社に絞って申し込みをする方が通りやすいです。
また、簡単にお金を借りられたからといって、利用は計画的にそして、返済スケジュールもしっかりと計画立てることが大切です。